ホームコラム > 任意保険と自賠責保険

任意保険と自賠責保険

2013年9月 9日

自動車に乗る人は誰もが万が一に備えて保険に加入をしています。
保険は大きく分けると、自動車損害賠償責任保険(自賠責とも言います)と任意保険の2つに分けられます。
これは自動車を運転する人の基礎知識として誰もが理解している事でもあるのです。

この2つのうち、自賠責と言う保険は、強制的に加入をしなければならないもので、自賠責と呼ぶほかにも強制保険とも言います。

しかし、自賠責の補償だけでは補う事が出来ないケースが多く有ります。
まず、自賠責と言う保険の補償について見てみると解りますが、自賠責で補償される費用と言うものは、対人に対する補償のみです。
また、金額的にも、相手が死亡した場合は3000万円、相手が後遺障害になった場合は4000万円、そして相手が損傷した場合は120万円と言う補償しかありません。
この金額で賄える事も少ない事や、対人に対する補償しか有りませんので、建造物などを事故で壊してしまった場合の補償は下りないのです。

そこで任意保険と言うものが役立つ補償になってくれると言う事なのです。
任意保険は、対人や対物に対する補償が有ります。
また、自賠責だけでは補償できない部分を補償してくれるという利点があるのです。
  • 0120-654-808
  • パソコンからのお問い合わせはこちらから