ホームコラム > カスタマイズはプロに相談

カスタマイズはプロに相談

2013年9月13日

自動車を持ち使うには、今時は保険のことを熟慮する必要があります。多くの特約のカスタムが提案されている昨今の保険、ユーザーの概念だけで果たして情報は十分でしょうか。
普通保険の検討をする段階でユーザー自身が思い描くのは、損害賠償のことばかりでしょう。少し枝を持つ心理状態のユーザーでも、車両保険をどうしようか程度に案外留まりがちなものです。ところが、自動車保険に求められるのは他者への賠償能力だけではないと感じざるを得ない事例が多いことを良く知って頂きたいのです。
十分な賠償を契約している人でも、道路に出れば被害を受ける確率も加害する可能性と同じだけあるのです。両者は常にバランスを取っているもので、三度に一度は被害者になるものだと思っておくべきです。それは何も乗車中とは限りません。特に最近は小型バイクを近郊の用足しや通勤の足にしている四輪ユーザーも多く見ますが、そういう人の多くがバイクの方に付保をつけず、単なる自動車保険を四輪のほうにだけ掛けているのです。一種二種の原付バイクは自家用自動車総合保険の特約でカバー出来ますが数万円高くつくからとかバイクでは大きな他損はなかろうと高を括っていたりしているようです。これはかなり危険な思い込みで、実際にバイク乗車中に接触や追突などで数百万円の物損賠償が必要になったり、巻き込みや追突の被害を受け受傷し、賠償金の拠出を受ける迄長ければ一年以上となる長期間事実上無収入になって多額の負債を負う等残酷とも言える事態に陥っている人は意外に多くある事実からも、保険のカスタムに関しては熟知した代理店に相談することをお勧めします。
  • 0120-654-808
  • パソコンからのお問い合わせはこちらから