ホームコラム > 自動車保険に関して

自動車保険に関して

2013年9月24日

自動車の保険は大きく2種類に分けられます。
一つは強制として契約が義務付けられているもので、損保会社で契約する損害賠償責任保険または共済組合で加入する損害賠償責任共済で、一般的に自賠責保険と言われています。
もう一つは任意保険と呼ばれるもので、自賠責では補償額が限定されているために、自賠責で補填されない部分を補償します。
自動車保険は強制ではありませんが、2009年3月末時点で加入率は約7割となっています。人気のバロメーターは色々な角度からの見方がありますが、現在の人気の商品については、ネットで加入できるものが主流となっています。
会社名で人気の度合いを説明いたしますと、チューリッヒ、アクサダイレクト、SBI損保、ソニー損保となっています。老舗の損保ジャパン、あいおい損保も根強い人気があるようですが、価格面ではネットで加入できるものが人気があります。
ただ、任意保険の場合には人気だけで加入すればいいというものではありません。契約の内容についてしっかりと吟味することが大事です。
良くテレビのCMでネットの商品で、この車の場合には1万8千円なとどという商品もありますが、よくよくそもの細かい文字の部分を見ますと20等級の場合と限定されています。20等級は車を所有して15年程度無事故でなければ、とても到達できません。
また、ネットの保険会社の場合には修理工場が限定されているものもあります。人気に惑わされることなく、一括比較サイトなどで、数社の見積もりを取り寄せ、内容を吟味して、自分の所有する自動車にあった任意保険を選ぶことが肝要になります。
  • 0120-654-808
  • パソコンからのお問い合わせはこちらから