ホームコラム > フロントガラス修理について

フロントガラス修理について

2013年10月15日

フロントガラスの修理は、とにかく早い手当をすることが重要です。
1mm程度の石跳ね等による小穴(重要な点として、穴の大きさよりも深さを重視して下さい)が、走行中の風圧や振動、温度変化などにより、いっきに数センチのひびに広がる可能性が高く、大変危険です(自動車のフロントガラスは仮に割れたとしても、普通のガラスのように鋭角には割れません、粉々に割れることも認識して下さい)。
五百円玉台までの穴の修理(ただし表面上に限ります)は可能ですが、ひびが3cmくらいまでになりますと修理は不可能となり、ガラス全体の交換しか対処法はなくなります。なお修理費用についての目安ですが、1cmあたり1万円が目安と言われています。
また運悪く、全交換となりますと、ディーラーでは新品交換となり相当の金額が発生します(ディーラーが新品交換する理由は保証です。中古品では、当然、保証は出来ません)。
もし、費用を安価に抑えたい場合は、自動車ガラス専門店であれば、中古品が入手でき、ディーラーに依頼するよりも、かなり安く済みます。
しかし、物が物だけに、しっかりした技術を持つところを選ぶべきでしょうし、任意保険の車両保険の対象になるものですから、新品交換をお勧めします。
  • 0120-654-808
  • パソコンからのお問い合わせはこちらから