ホームコラム > 車の整備に必要な資格

車の整備に必要な資格

2013年10月29日

車を法定通りにきちんと整備を行うには、整備士の資格が必要です。
DIYで行う分には資格は費用ないですが、法定整備・車検等を行うには必ず必要で、ディーラー等で働く際にも必ず必要になってきます。
民間の工場では、見習いとして求人を出してるところもありますが数は少ないです。
整備士になるには、実務経験を積むか養成学校に通う2通りがあります。
また3級~1級まであり、ガソリンとディーゼルにも分かれます。最低でも2級は取っておきたいです。
ディーラー等の求人では最低2級を持っていることが条件になってるところが多いです。早く2級整備士の資格を取得するには養成学校に行くことが良いでしょう。ただ通ったからと言って必ず取得できるとは限りません。
国が定めたカリキュラムをこなして認められれば受験資格が与えられ、実技試験が免除されます。しかし筆記試験は免除になりません。これはかなり勉強しないと難しい内容ばかりです。ただの自動車好きでは通りません。
きちんと養成学校で勉強していれば、難なく筆記試験をパス出来るはずです。
年々、車は新技術が出てきているので、ある年から突然出てくる問題もあるので注意が必要です。過去問題だけでなく色々な技術誌を読むのも良いでしょう。
  • 0120-654-808
  • パソコンからのお問い合わせはこちらから