ホームコラム > 自動車に関する法律について

自動車に関する法律について

2013年11月 5日

自動車は「車検」と言う法律で定められた検査があります。
自動車は多種多様な法律に基づいて作られ、それに適合して初めて公道を走れる許可証の代わりになるナンバープレートが支給されます。
例えば、ウインカーの高さや点滅速度、ヘッドライトの光度、排気音量や細かいところに行くとフレーム強度等まであります。この法律の一つも不適合があれば、ナンバープレートは支給されません。
また、自動車を整備する場合でも法律がからんできます。例えば、分解整備というものがあります。これはブレーキを分解したりサスペンションを交換したりエンジンを降ろしたりすること等が含まれます。詳しくは、道路運送車両法施行規則第3条に記載されます。
分解整備を行いたい整備工場は、必ず分解整備工場の指定を受けなければなりません。
それには必要な広さや工具が詳しく法律により決まっています。
また、この自動車に関する法律は環境面についても規制します。排気ガスに含まれる有害物質やリサイクルできる部品等です。
特に排気ガスに関する規制は厳しいです。その中でもガソリン車よりディーゼル車に対するほうが厳しいです。
最近のディーゼル車はガソリン車よりも環境に優しいが、一昔前の黒煙を上げるようなディーゼル車には規制があります。東京都では走行できないところもある程です。
このように日本で公道で走っている自動車には 数多い覚えきれないほどの法律により規制された安全な車のみが走っています。
  • 0120-654-808
  • パソコンからのお問い合わせはこちらから