ホームコラム > 車の修理代金の積み立てについて

車の修理代金の積み立てについて

2013年11月 7日

日本には、優れた自動車保険の仕組みがあります。しかし、掛け金が高く自分で積み立てをしてるほうが良い場合もあります。
最近のエコカー等は、保険金がすごく安く掛けているほうが安くなることもあります。ただし、保険というものは使わなければただの掛け金にすぎないのです。そこで、自ら積み立てをし、事故をおこしてしまった時の修理代をそこから出す方法もあります。
こうしておくと、急な出費の時にそれを頼りにする事も出きるし、次の車を買う時の足しにできることもあるかもしれません。
積み立てをするのは自分の自動車に対する修理代のみにしておき、他人の車を傷つけた際に出る保険には加入していたほうがよいでしょう。
なぜなら、中には高級車もあり、いつそういった車に傷をつけてしまうかわからないからであり。一般の自動車の修理代では思いもつかない金額を提示されることもあります。
希少な自動車になれば、海外からわざわざパーツを取り寄せて日本の中でも1つの工場でしか取り付けが出来ないといった場合もあります。
積み立てする金額ですが、全損事故を除き修理して乗れる範囲の内容を理解して、最大かかるであろう修理代金をあらかじめ、概算で出しておき、その金額が2、3年で貯まるよう計算して月々の積み立ての金額を計算するのがよいでしょう。
  • 0120-654-808
  • パソコンからのお問い合わせはこちらから