ホームコラム > 車の修理に必要な資格とは

車の修理に必要な資格とは

2013年11月21日

自動車やバイクは普段の通勤や買い物、レジャーなどの生活にはもちろん、仕事にもとても役立ってくれるものです。
日本の車はとても性能が高いことで知られていますが、それでも使い続けるうちに部品の交換が必要になったり、故障が起きてしまうものです。
そして、修理は個人では難しいですから、専門の業者に依頼することが通常です。
自動車の修理にはどういった資格が必要になるかということですが、その資格が自動車整備士です。この資格を持っていれば自動車はもちろんバイクの修理や整備にも携わることができます。
就職先は自動車ディーラーやバイクショップなどがあげられます。
男性が活躍しているイメージが強い仕事ですが、最近は女性の活躍も目立ってきています。
自動車整備士の受験資格は一定上の実務経験を経たもの、もしくは国土交通省の認めた学校を卒業した人に与えられています。
そして、自動車整備士となるための条件としては、受験資格を満たしていること、技能検定の学科試験に合格すること、技能検定の実技試験に合格することとなります。
そして資格も1級、2級、3級、特殊整備士などがあり、それぞれ受験資格や試験内容などは変わってきますので、受験される方はしっかりと調べておきましょう。
  • 0120-654-808
  • パソコンからのお問い合わせはこちらから