ホームコラム > 自動車に発生する電気系統のトラブル

自動車に発生する電気系統のトラブル

2013年11月29日

自動車を利用していると、電気系統のトラブルが発生してしまうことがあります。
その中にはバッテリーが原因なものが多く、バッテリーの性能が下がってしまい、エンジンのセルモーターが回すことができなくなる場合があります。特に寒冷地に多く見られる現象で、寒冷地では実際にバッテリーのトラブルが冬期間に多いことが実情です。
修理をするためにはバッテリーを充電することが何よりですが、あまりに古くなったものに関しては交換することが必要になります。
電気系統で他のトラブルとしては、ホーンボタンを押しても音が鳴らなくなったり、ヘッドライトやテールランプなどの電球が点灯しないケースも見られます。その殆どは配線の問題や、球切れしていることがメインになり、修理は比較的簡単に行うことができますが、近年では自動車に多くの電気系統のシステムが組まれています。
例えばオートドアシステムや電動パワーシート、そしてダッシュボードには各種メーターパネルや、カーナビゲーションシステムなどの電化製品も取り付けられていることがあります。一般的な自動車を動かすための修理に関しては整備工場で対応することができますが、ナビゲーションのような電化製品に属するものでは、専門の修理業者に依頼することが必要な場合があります。
  • 0120-654-808
  • パソコンからのお問い合わせはこちらから