ホームコラム > リースで利用する自動車のメリット

リースで利用する自動車のメリット

2013年12月 2日

自動車をリースで利用することが注目されており、かつての古い時代と比較した場合では、飛躍的に契約者数が増加しています。
その背景には、個人でリースを利用する方が増加している一方で、法人契約としてリースを利用することが恒常的に行われていることにあります。特に法人で営業車などとして自動車のリースを利用する場合では、中古車を利用するケースも増加しています。ローンを組んで自動車を購入する場合では、購入費用の他に、車検代やメンテナンス代、自動車に掛かる各種税金も必要としています。
しかし、リースを利用した場合では、契約時の内容によっても異なりますが、基本的には毎月のリース代と、燃料代などだけで済ませることができます。さらに契約期間が満了した場合では、新しい自動車を再度リースすることができるために、自動車の維持費に関しては、かなりお得になります。その反面、自己所有として購入した場合では、支払いが終わった場合では、掛かる経費を抑えることが可能になりますが、年間の走行距離数や、利用目的によってはリースを利用することのメリットの方が大きい傾向にあります。
ドレスアップなどを施して、自由に自動車に手を加えることを好む方は、ローンを利用することがお勧めになりますが、その他の場合では、中古車をリースすることが経費削減には適していると言えます。
  • 0120-654-808
  • パソコンからのお問い合わせはこちらから