ホームコラム > 天井の内張り修理について

天井の内張り修理について

2013年12月 6日

自動車のメーカーや車種によっても異なりますが、車内の天井には接着剤でシートが張られていたり、はめ込み式のボードなどが設置されているものも存在しています。
多くのケースで天井の修理が必要となることとしては、接着式やビス止めなどで施工されているタイプのものが、緩んでしまうことによって、天井のシートが剥がれてしまう現象です。この対処方法としては、専門業者が存在しており、依頼をすることで新しいシートを張り付けることが可能になります。修理の方法は、元々の自動車の構造によっても異なりますが、内張りが無い状態のまま自動車を使用していると、雨降りの日などには雨音が車内に響くことになるために、できるだけ内張りにはクッションとなる素材を用いることがお勧めになります。
例としては、樹脂製のボードを張り付けておき、その上に適切なシートを接着剤で張り付ける方法があります。手順としては住宅の壁紙のクロス張り似ているものとなり、ヘラなどを用いて張り付けていく作業を必要としています。専門業者に依頼をした場合では、用いることのできる素材も豊富に用意されていることが多いために、ドレスアップとして、車内の雰囲気を変える修理も行うことができます。
  • 0120-654-808
  • パソコンからのお問い合わせはこちらから