ホームコラム > 車のドアの修理塗装について

車のドアの修理塗装について

2014年1月14日

自動車の車体の傷は気にならない部分だと放っておくことも可能ですが、例えば運転席のドア側面にある傷だと目にしないわけにいかず、かなり気になります。またそのままにしておくと、塗装が剥げてサビが発生することもあります。
ドアの修理には色々な方法があり、修理費用にはかなりの幅があります。板金塗装に関しては、相場は無いと言っていいでしょう。
チェーン展開している修理会社などは、ある程度の基準を設けてはいるものの、その値段通りになることは少ないのが現状です。例えば、ステッカーが貼られているドアの塗装をする場合、ステッカーをテープで貼ってガードしてから車にビニールをかぶせてドア表面だけ塗るのか、ドアを外してからステッカーをテープで貼り、ドア表面を塗るのかなど、修理手順によっても変わってきます。
また、内張りを全部外してドア全体を塗るのか、ステッカーもはがして塗装後に新品ステッカーを貼るのか、内容によっても違います。塗る面積や作業方法・順序によって仕上がり具合が違いますし、かかる時間も変わるので、費用も変わってくるのです。場合によっては、ドアを丸ごと交換したほうがお得な場合もあります。まずは修理前に修理工場や店側と良く相談し、出せる金額や希望を伝えておくことが重要です。
  • 0120-654-808
  • パソコンからのお問い合わせはこちらから