ホームコラム > 自動車整備士になるには

自動車整備士になるには

2014年2月 6日

自動車整備士には種類があります。
まずはガソリンとディーゼルに分かれます。それぞれに3級~1級があります。整備士になるには必ず実務経験がひつようにってくる。実務経験が無い場合、専門の学校に行く必要があります。
この学校は大学から専門学校まであり、3級~1級全てあります。ただし、1級に関しては2級を取得しないと行くことが出来ません。
また、学校に行ったからと言って必ず整備士の資格が取得できるとは限りません。
なぜかというと、学校に行くことにより、実務経験の代わりになり、受験資格が得られ、さらに実技試験が免除になります。
ただ、筆記試験は必ずうけなければならない。これがまた難しく覚えることが多いので、不合格になる人もいます。
国家資格なので、授業の必須項目への出席率の管理も厳しいので、あまり休めないです。3級~1級まであるが、出来れば2級の取得をお勧めする。採用条件で最低でも2級整備士の資格が必要となっているところが多いからだ。1級整備はかなり難易度が高くなっていますが、取得すれば高度な整備が出来るようになるうえ、お客様からの信頼度も高くなってきます。
また、この自動車整備士は1度取得すれば一生資格なので更新の必要もないです。
  • 0120-654-808
  • パソコンからのお問い合わせはこちらから