ホームコラム > 車検に出す時期と料金

車検に出す時期と料金

2014年7月28日

自動車を購入すると、定期的に車検に出さなければなりません。新車の購入からは通常3年経過したときに1回目の車検になります。レンタカーの場合は、新車から2年になります。そしてその後は、2年おきに車検に出します。
車検では、エンジン内部や走行距離、タイヤの状態、ブレーキパットなどあらゆる部分のチェックをしていきます。走行距離や使用頻度にもよりますが、初めての車検の場合はそれほど交換箇所や修理箇所が出ないものです。しかし、新車から5年、7年と古くなってくると、いろいろな部分を交換する必要性が出てきます。タイヤもローテーションをしたり、すり減りが著しいと交換しなければ車検に通りません。
料金は国産車・輸入車、それぞれのメーカーによって違います。一般的にディーラーでの車検は高額になるといわれます。対して、町の整備工場では、安心の低料金で引き受けてくれることもあります。特に輸入車の車検はとても高く、いろいろなパーツを交換し、50万円くらいの費用になることもあります。国産車では、車の大きさにもよりますが、安ければ10万円弱で平均的には15万円くらいで収まるようです。
車検は信頼のできるディーラーまたは整備工場に出すとよいでしょう。
  • 0120-654-808
  • パソコンからのお問い合わせはこちらから