ホームコラム > ディーラーと整備工場の違い

ディーラーと整備工場の違い

2014年12月17日

車の修理やメンテナンスでは、新車を購入したディーラに依頼する人が多くなっていますが、費用に関しては整備工場の方が経済的に利用することが可能です。
一般的に整備工場だけを行っている業者は小規模なところが多くなりますが、ディーラーではネットワークで繋がれた規模の大きな業者もあります。整備工場と新車ディーラーの違いは規模の大きさと費用にありますが、人件費や事務所経費などをメンテナンス費用に加算する必要があるのです。
働いている人や規模が大きいほど人件費の負担が増えてしまいますので、ディーラではその分だけ料金を高くしなければならないのです。整備工場だけを行っている業者では経費がかからない分だけ料金を抑えることが可能なのです。
またディーラーではサービスで対応できない内容については整備工場に外注に出していますので、料金の安さだけではなく技術力も信頼できる場合があります。整備工場ではディーラーとは異なり中古部品によって修理ができるメリットがあります。ですから整備工場のほうが経済的な面では優れているのです。
整備工場にも様々な運営方法がありますが、整備工場では補修を行うのに対して、ディーラーでは部品の交換を行うという違いがあります。
  • 0120-654-808
  • パソコンからのお問い合わせはこちらから