ホームコラム > マフラー周りの修理方法

マフラー周りの修理方法

2015年3月24日

自動車を長い期間にわたって乗り続けている方の場合では、自動車のマフラー部分に不具合が発生してしまうことがあります。マフラーの多くは一般的な金属で作られているものが多く、経年劣化によって腐食してしまうことがあり、症状が酷い場合では穴が開いてしまうこともあります。早期に解決する場合では、新品のマフラーを購入することができますが、後に売却を考えている方の中には簡単に修理することによって済ませることを希望している方も存在しています。そのケースでは、カー用品として販売されているマフラー専用の補修用品を購入して、修理を行うことがおすすめになります。マフラーの場合では、穴の開いた場所によって大きく異なりますが、非常に高温になる場所としても知られており、一般的な補修剤では対応することが困難なために、必ず専用の補修用品を用意することが必要です。その中には例えばパテとして使用できるものも用意されていて、硬化した後に自動車を運転させることができます。他にはアルミシートを利用して、テーピングのように専用の補修用品を巻き付けて修理を行う方法も用意されています。マフラーでは音の問題もあるために、車検を通すことのできる程度にまで修理を行うことが基本となります。
  • 0120-654-808
  • パソコンからのお問い合わせはこちらから